メタトレーダーを利用できる業者

リンクフォロー

ちょっと一言

私はマネーパートナーズ nanoでFXを楽しんでいます。nano口座は100通貨単位でFX取り引きができます。最近1000通貨単位の会社は増えていますが、100通貨単位は珍しいですよね。100通貨単位だと、3000円あれば十分に始められます。

FXは株と違い、売りポジションでも買いポジションでも、どちらからでもエントリーできる点が魅力ですね。相場を予想して、上がりそうなら買い、下がりそうなら売りで取り引きします。私は初期投資3000円で始めて1年、今は9000円くらいになりました。お小遣い稼ぎ程度の取り引きも、気楽で楽しいのでオススメです。

FX取引を行なうときのテクニカル分析の基礎とは

sdf99lj FXはファンダメンタル(経済指標等の世界情勢)分析とテクニカル(チャート図)分析、この2種類で分析するのが通常であり、本日はテクニカル分析を基礎からご説明します。


なぜならファンダメンタル分析は初心者には難しいからです。

テクニカル分析を行なう前に決めておかなければならないことがあります。それはどのようなトレードスタイルで取引をしていくのかをきちんと決めておくことです。長短期トレードであるスキャルピングを行なうのに長期のテクニカル分析を学んでも意味が無いということなのです。自分のスタイルに合ったテクニカル分析をしていかなくては意味が無いのです。

細かい分析が必要となるのは短期トレードの場合です。長期トレードを行なうならば、上下を見るだけで十分と言えます。スキャルピングやデイトレードといった損切り幅の設定を小さくしなければならないトレードの場合、エントリーラインもしっかりと決めておく必要があります。FX初心者のやり方としてトレンドラインを抜けたあたりで損切りラインをする方法や、トレンドラインでサポートされたところにエントリーラインを設定するのが最も簡単な方法です。そこでここではトレンドラインの作りかたをご説明します。

トレンドラインの作りかたは、「下降トレンド」と呼ばれる高値と高値、「上昇トレンド」と呼ばれる安値と安値を見て作ります。ライン角度が急になると勢いがあるということになり、そこを抜けたらトレンドが逆行する可能性が高くなるので、しっかり見ておく必要があります。トレンドラインを無視するということは損切りラインを無視するのと同義ですから、トレンドラインを最重要項目と位置づけ、トレーダーとしてしっかり把握し、見ておきましょう。トレンドラインを作らずにFX取引を行なうことはほぼ不可能に近いと言ってよいでしょう。

FX攻略のツールであるテクニカル分析はトレンドラインがすべてです。テクニカル分析を行なう場合、トレンドラインをしっかり作り、FX取引を優位に進めることが大切です。今回ご紹介したトレンドラインの作りかたを学び、勝利への道筋をつけていただきたいと思います。