メタトレーダーを利用できる業者

リンクフォロー

ちょっと一言

私はマネーパートナーズ nanoでFXを楽しんでいます。nano口座は100通貨単位でFX取り引きができます。最近1000通貨単位の会社は増えていますが、100通貨単位は珍しいですよね。100通貨単位だと、3000円あれば十分に始められます。

FXは株と違い、売りポジションでも買いポジションでも、どちらからでもエントリーできる点が魅力ですね。相場を予想して、上がりそうなら買い、下がりそうなら売りで取り引きします。私は初期投資3000円で始めて1年、今は9000円くらいになりました。お小遣い稼ぎ程度の取り引きも、気楽で楽しいのでオススメです。

FXにはどのような節税対策がある?

sdrrf99 FXで得た利益は、多くの方にとっては普段の収入にプラスアルファとなるものだと思います。しかしそこからも同じように税金が差し引かれるのだと考えると、せっかくの喜びも中途半端なものになってしまいますね。

やはりできるだけ、税金は減らしておきたいものだと思います。では、節税対策と海外FXとは、どのような関係にあるのでしょうか。一般的な所得税では、なるべく必要経費を多く計上して、税金のかかる額そのものを減らそうという対策が多く行われています。FXで上げた利益は所得税ではなく、雑所得として扱われるのですが、やはり同様に必要経費として計上することが認められています。では、FXにおいて必要経費となるような具体例を見ていきましょう。

まずは、インターネット回線などの通信費です。FXの取引はほとんどネット上で行われるため、必要経費と考えられるわけです。それ以外にも、取引会社に問い合わせたさいの電話代や、書類を送ったさいの郵送代など、そのような通信費も必要経費として計上することができるでしょう。

次に、取引を行うさいに参考にした書籍代などです。もちろん、FXに関するもののみですが、それ以外にも新聞や雑誌などの代金も必要経費として計上することができるでしょう。

そのほかにも、書類を作成するさいに用いたペンやノートなどの筆記具、プリントアウトするための印刷用紙などの消耗品も、取得費が10万円未満のものは必要経費として計上することができます。また、FXに関するセミナーに出かけるさいに使った、電車やバス、タクシーなどの交通費も必要経費に含むことができます。

注意点としては、バスや電車など領収書のもらえない場合を除いては、かならず支出の証明となる領収証が必要になるということです。いちいち領収書を要求するのは少し面倒かもしれませんが、その積み重ねが大きな額となって返ってくるのです。普段から領収書をもらうように癖をつけておきましょう。

また、FXに関してはまだ税制として定まっていない部分もあって、取り扱う税務署によってはそれが必要経費に当たるかどうか、見解が分かれてしまうこともあります。気になる場合は各地の税務署に、事前に問い合わせて確かめておいてください。

こうした必要経費による対策以外には、どのようなものがあるでしょうか。たとえば夫婦で口座を分けておく、という方法もあります。FXによる収入は雑所得として扱われるので、税金の対象となるのは給与所得のあるサラリーマンの場合なら20万円、給与所得のない主婦などの場合は38万円を超えた段階からとなります。

この場合、たとえばサラリーマンの夫が30万円の利益をFXで出したとすると、当然税金がかかってくることになります。しかし、あらかじめ妻の口座も取引会社に作っておき、それを利用して夫の口座で15万円、妻の口座で15万円の利益があったとすれば、同じ30万円のケースであるにもかかわらず、こちらでは税金がまったくかからないことになってしまうのです。

このように賢い節税対策を学びながら、より多くのFXの利益を得られるようにしましょう。 節税対策はFX取り引きには欠かせないものだとお分かり頂けたと思いますが、これは業者選びの基準にもなると思います。私は業者をチェックする際、必ずサポートに税金のことについて問い合わせをします。きちんとした回答が出てこない業者は絶対に利用しません。ハイローオーストラリアや24オプションというバイナリーオプション業者では、対応がよかったです。24オプションの入金出金もスムーズで、取り引き環境も安定してます。