メタトレーダーを利用できる業者

リンクフォロー

ちょっと一言

私はマネーパートナーズ nanoでFXを楽しんでいます。nano口座は100通貨単位でFX取り引きができます。最近1000通貨単位の会社は増えていますが、100通貨単位は珍しいですよね。100通貨単位だと、3000円あれば十分に始められます。

FXは株と違い、売りポジションでも買いポジションでも、どちらからでもエントリーできる点が魅力ですね。相場を予想して、上がりそうなら買い、下がりそうなら売りで取り引きします。私は初期投資3000円で始めて1年、今は9000円くらいになりました。お小遣い稼ぎ程度の取り引きも、気楽で楽しいのでオススメです。

三角保ち合いとは何でしょうか

sd66f99 ここでは、方向感の無い相場についてご紹介します。 相場の流れについてはどんなに経験を積んでいて、バイナリーオプション攻略のツールを使いこなるトレーダーでも、完全に予想することは不可能でしょう。その理由は管理している人間が存在しないからです。

もう少し丁寧に説明すると、FXの取り引きは世界中で24時間常に行われているのです。世界単位で取り引きの流れは作られていき、一人のトレーダーがその流れを決めようと頑張ったとしてもそれは無駄な努力です。相場の流れは不特定多数のトレーダー達が同じ方向に行くと判断し、トレードした場合に作られるのです。

そしてトレーダー達の判断が逆方向に二分されていると、相場の動きが止まり停滞することになります。三角保ち合いという用語を耳にしたことがあるでしょうか? これはトレーダーの戦いです。FX取り引きにもプロと呼ばれる人間がいます。投資会社の社員だったり、個人の投資家や、銀行の職員など、様々な職業に就きつつFXで稼いでいるプロたちです。

彼らのようなFXに慣れているプロたちだとしても、三角保ち合いになった際にどちらの方向に相場が変わっていくのか正確に予測することは非常に難しいのです。だからこそ彼らは取り引き数を増やし、あるいは減らしたりしてより良い方向に変動するように売買によって調整をします。

取り引き量を少なくするのではなく、どう動くか判断が付かない為、細かい取り引きを繰り返して勝負をしているのです。この細かい取り引きを続けていく限り三角保ち合いがずっと継続しますが、角度が小さくなったときを見逃さずプロのトレーダーたちは一気に攻勢に転じます。

言わば力を解放するように大きな取り引きに出ます。勝負を外したと感じたトレーダーたちは皆損切りのために動くので、三角保ち合いが終了すると同時に相場が大きく急速に変動していきます。

三角保ち合いになった場合、初心者の人は無闇に取り引きするのをやめた方が良いでしょう。読みを外した場合には大きな損を被ることになるからです。運が良ければ利益をあげることもできますが、それは運の産物でありきちんと分析した結果からでなければ、近いうちに巨大な損失をこうむることになりかねません。初心者の三角保ち合いについての面白い記事がこのよくまとめられたウェブサイトにあります。

三角保ち合いが解放される際、一旦動き出した相場の方向に従わない投資者が多かったときには、直ぐに逆方向に動くことがあるのです。これは「騙し」と呼ばれ、初心者にとってはより判断が難しくなる要因となります。

トレードで利益を出すには、自力で相場を見て判断しなければなりません。難しいと思った相場ならば敢えて取り引きをしないことが損失を抑えるのに一番良い方法でしょう。