メタトレーダーを利用できる業者

リンクフォロー

ちょっと一言

私はマネーパートナーズ nanoでFXを楽しんでいます。nano口座は100通貨単位でFX取り引きができます。最近1000通貨単位の会社は増えていますが、100通貨単位は珍しいですよね。100通貨単位だと、3000円あれば十分に始められます。

FXは株と違い、売りポジションでも買いポジションでも、どちらからでもエントリーできる点が魅力ですね。相場を予想して、上がりそうなら買い、下がりそうなら売りで取り引きします。私は初期投資3000円で始めて1年、今は9000円くらいになりました。お小遣い稼ぎ程度の取り引きも、気楽で楽しいのでオススメです。

少ない資金でFXを行う

 FX取引では、最小取引通貨単位というものが設定されており、ここで設定されている通貨の量以上の取引きを行わなくては、投資そのものが行えません。

この最小取引通貨単位は、1万通貨単位というものが一般的で、例えば米ドルと円との取引きを考えた場合、1ドル100円の為替相場でドルを買って取引きを始めようとしたときには、1万ドルからしか取引きが始められないため、実に100万円もの投資資金が必要になることになるのです。

これでは、なかなか取引きが行えませんので、FXにはレバレッジという仕組みが用意されています。
これは取引業者に証拠金を預けることで担保にし、実際に取引きを行う際に投資した資金を倍化させて通貨を取り扱えるようにできる仕組みになっており、国内では最大で25倍、海外の取引業者では数千倍のレバレッジも用意しているところもあります。

このレバレッジを使用することにより、例えば先の取引きで100万円が必要なところを、国内最大の25倍のレバレッジを用いれば、4万円の投資で取引きが始められることになるのです。

しかしながら、大きなレバレッジは利益も大きくしますが、損失も同じように大きくしてしまうために、その使用が難しいのです。

このようなことから、初心者の投資家にとってはFXは少し敷居の高いものとなっていましたが、FX取引業者の中にはさらなる顧客獲得を求めて、この最小取引通貨単位を5千通貨、1000通貨と下げていく動きがあらわれはじめ、今では多くの業者がこうした取引通貨単位を採用しており、中には100通貨、1通貨単位での取引きを可能とする業者も出現しています。

もちろん、こうした小さな取引通貨単位では、その利益も小さくなるために、投資の規模自体が縮小していってしまうのですが、相場を利用して行う取引であることには、大きな通貨単位の取引きでも、小さな通貨単位の取引きでも変わりません。

しっかりとした損失の管理や、利益の拡大を狙っていけば、きちんと資産を増やすことができますし、資産が増えたらそれを用いて、少しずつ取引できる通貨の量を多くしていけば、やがて大きな取引きも行えるようになるのです。


 © 2014 FXMT4Trading.com